「嫌われる人の相づち」よくある5つのNGは?

「耳障り」「話の腰を折る」あなたは大丈夫?

イラッとする相づちをしていませんか?(写真:ICHIMA / PIXTA)
みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。
このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手にとっていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーになっています。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。この連載では、どうすれば人に好かれ、会話が盛り上がる「聞く力」が身につくのかをお伝えしていきます!
今回は、意外にやってしまいがちな「イラッとする相づち」5つのNG集を紹介します。

「聞き上手」は「あいづち」も上手

『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は、早くも5万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「話を聞くのが上手な人」と「そうでない人」の違いは何だと思いますか? 実は、「あいづち」によるところが大きいと私は思います。

あいづちの打ち方で話をどんどん盛り上げたり、相手の本音を聞き出したりすることができます。

魚住式「聞く力」では、「あいづち」「質問力」「態度・しぐさ」を3本の柱として重要視しています。口下手な人、会話ベタな人でも、「あいづち」「質問」「態度・しぐさ」の3つを工夫するだけで、誰でも「聞き上手」になれるからです。

「ダメなあいづち」をされると、「話をしたい気持ち」が失せたり、不愉快な気分になったりしてしまいますよね。

では、どんなあいづちが「ダメなあいづち」なのか。ここでは、相手が不愉快になる「ダメなあいづち」の代表例を5つ挙げます。

次ページ「こんな不愉快な人」いませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT