「嫌われる人の相づち」よくある5つのNGは?

「耳障り」「話の腰を折る」あなたは大丈夫?

あと、意外に多いのは、あいづち代わりに「ぐふふ」「ふふふ」など、「変な笑い」を入れる人です。

「この人、私のことバカにしている?」と不快に

【ダメなあいづち5】あいづちに「変な笑い」を入れる

A「俺、最近料理にハマってるんだ」

B「フフフ」

A「動画の料理アプリがあるじゃない、あれを見るのが楽しみで」

B「ふうん、フフフ」

あいづちのタイミングで「変な笑い」を入れる人は、まわりにいないでしょうか。あるいは、あいづち代わりに「笑い」を入れる人もいます。

A「最近、料理にハマっているんだ」

B「あはははは」

笑いの起こるタイミングならかまいませんが、そうでなくても「笑い」で返してしまうパターンです。

場を和ませようとしているかもしれませんが、これは相手によっては「バカにされている」ようで不愉快に思われかねません。

【5つのダメなあいづち】
・「はい、はい、はい」と「はい」を連発する
・「たしかに」「なるほどですね」を連発する
・あいづちが毎度「大げさ」すぎる
・「相手の話にかぶせて」あいづちを打つ
・あいづちに「変な笑い」を入れる

 

「あいづち」って、普段はあまり意識しませんよね。でもそれだけに、知らず知らずのうちに相手を不愉快にさせてしまったり、話す気を失わせてしまう「ダメなあいづち」を打っていることも多いものです。

自分がどんなあいづちを打っているか、一度、録音して、聞いてみるのもいいかもしれません。

この連載の一覧はこちら

なお「上手なあいづちの打ち方」については、『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』の中で、「あいづちの極意7つ」として紹介しています。あいづちほど、「簡単な努力」で、すぐに良くなるものもほかにないと思います。

上手なあいづちを打てば、相手は話しやすく、それだけで話が盛り上がります。「この人と話をして楽しいな」「また話したいな」と思ってもらえます。

会話が弾むコツは「上手なあいづち」にあります。ぜひみなさん、「あいづち上手」になって、「聞き上手」「会話上手」になってください

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。