「嫌われる人の聞き方」よくある5つの共通点

「あいづち、質問、しぐさ…」あなたは大丈夫?

「嫌われる人の聞き方」の共通点とは?(写真:EKAKI / PIXTA)
みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。
このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手にとっていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーになっています。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。この連載では、どうすれば人に好かれ、会話が盛り上がる「聞く力」が身につくのかをお伝えしていきます!
第1回目のテーマは「嫌われる人の聞き方」について。よくある5つの共通点を紹介します。

多くの人が「ダメな聞き方」で損をしている

『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は早くも5万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「人の話を聞く」。簡単なようで、実はとても難しいことです。

なぜならみなさん、「人の話を聞いているようでいて聞いていない」、あるいは「聞けていない」ことが本当に多いからです。

私自身、アナウンサーになってから、「聞き方」についてはとても苦労し、失敗もたくさんしながら、一つひとつ学んできました。

おかげさまで、いまではどんな人とでも、30分でも1時間でも話を途切れさせることなく、楽しく会話ができる自信があります。

「聞く力」をつけることで、場がいっきに盛り上がり、「この人にまた会いたい!」と思ってもらえるようになります。「聞く力」が身につけば、仕事も人間関係も必ずうまくいくようになります。

みなさんは、普段の会話の中で、こんな経験はありませんか?

・頭がいい人なのに、話をしていると「なぜかイラッ」としてしまう

・この人と話したあとは「なぜかモヤモヤ」してしまう

・悪い人ではないのに「話をしていても楽しくない」「話したい気持ちがなくなる」

実は、これこそが「嫌われる聞き方」なんです。今回は、意外にやりがちな「嫌われる聞き方」よくある5つの共通点を解説します。

次ページ話を「最後まで」聞かない人いませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT