「嫌われる人の聞き方」よくある5つの共通点

「あいづち、質問、しぐさ…」あなたは大丈夫?

「嫌われる聞き方」でまず多いのが、他人の話を「最後まで」聞かないケースです。

頭のいい人ほど、「聞けない人」が多い

【嫌われる聞き方1】話を「最後まで」聞かない

A「いま、映画の『キング・コング』をやっているでしょう。あの映画、実はね……」

B「おっ、オレも観たよ! CGがハンパなく向上していたよね。俺的には、前作と比べて……」

BさんはAさんの話を「最後まで聞こう」とせず、自分の話を始めてしまっています

実はAさんは「知人がこの映画の宣伝にかかわっていて、その人から聞いたちょっと面白い裏話」をしたかったのに、話を続けることができませんでした。

こういう、「他人の話を最後まで聞けない人」は、実は頭のいい人、頭の回転が速い人に多いように思います。相手が話し始めると、その先がわかってしまうので、最後まで聞かずに自分の話を始めてしまうのですね。

でも、それは早とちりや誤解にもつながるし、第一、相手に不快感を持たれてしまいます。相手とのコミュニケーションのためには、まずは我慢して「相手の話を最後まで聞く」クセをつけたほうがいいですね。

【嫌われる聞き方2】「自分の聞きたい」ようにしか聞いていない

A「実は思い切ってテレビのない生活を始めたんだけど、これが意外と快適で……」

B「えー、そんなの困るでしょう。ニュースも見れないじゃない」

A「……いまはネットもあるし、そんなに困らないよ。ドラマやタレントさんの話にはついていけないこともあるけどね」

B「やっぱりね。テレビを見ないなんてありえないよ」

Aさんは「思い切ってテレビをやめたら、意外とすっきりして快適だった」という話をしたいのに、Bさんは「テレビを見ないなんてありえない、話についていけない」と、一方的に「自分の意見」に持っていき、「自分の聞きたい」ようにしか聞いていません

これでは、相手は「自分の言いたいことがわかってもらえなかった」と、モヤモヤしてしまいますね。

次ページ何でも「自分の話」にする人いませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 中学受験のリアル
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。