デキない男が好む「ランチ中の話題」3類型

外国人からしたら「だから、何?」で終わり

外国人から見て、日本のデキないオトコたちの話題はなんとも貧しいもののようです(写真:xiangtao / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

突然ですが、質問です。今日のランチは誰と一緒に行きますか? 実は以前、デキる先輩からランチの相手を選ぶうえでの「鉄則」を教わったことがあります。

この連載の一覧はこちら

それは、「デキないヤツとは、絶対ランチに一緒に行くな」。

なかなか辛口の鉄則だったので「なんでですか?」と理由を聞くと、「ヤツらは会話がつまんない。つまんない会話は、どんないい料理もマズくするから」。

さらに辛口なこの理由がとても印象的で、今でもよく覚えている鉄則です。オフィス街でランチをしていると、さまざまな会話が耳に入ってきますが、確かにつまんない会話を交わすオトコたちって、一発で「あぁ、仕事がデキない人たちなんだな」とわかってしまいます。話題が実に、貧相なんです。

デキないオトコは、こんな話題が大好物だ!

そしてどうやら、日本のデキないオトコの話題の貧しさは世界トップレベルのようです。外資系企業にいると、外国人の同僚からデキない日本男子の話題についてよく指摘されることがあります。今回は、「話題」でデキるデキないを見分けるお作法をご紹介します。

外国人がダメ出しするジャパニーズ・デキないオトコの話題を分類すると、3つに集約されます。

1. 美味い話
 2. 「〜らしい」話
 3. ムカつく話

次ページとにかく会話が発展しない!!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。