「永遠に出世しない人」の話し方、7大NGは?

「声で損する、ウザい態度」あなたは大丈夫?

次によくあるのが、滑舌が悪かったりボソボソしゃべったりして、話が聞き取りづらいなど「声で損している」ケースです。

「聞き取りづらい」「すぐに黙り込む」のもNG

【3】ボソボソ話して、声が聞き取りづらい

「あの人の発表は聞き取りづらい」「何を言っているのかわからない」というような人はいませんか?

滑舌が悪い、ボソボソしゃべる、声がくぐもっている……などなど。

「声」がNGだと、大切な話をしていても話が伝わらず、せっかくのチャンスも逃してしまうかもしれません。

こんなときは、「口角をきちんと上げて、口を横に開いてハッキリ話す」ということを意識して話してみましょう。

ほんの小さなことですが、これを意識してしゃべるだけで、いっきに聞き取りやすくなります

【4】自分の意見を言わずに、ひとり黙り込む

みんなが熱心に意見を言い合っているのに、ひとりだけ黙り込んで意見を言わない人……。これも場が白けるし、感じがよくありませんよね。

言いたいこと、意見はあるけれど、みんながわれ先にとしゃべる中で、話を切り出すきっかけをつかめないという人は意外と多いものです。

これにはコツがあります。こんなときは「高い声、高いエネルギー」でカットインするのです。

「そこなんですけど!」「ちょっと違う意見なんですけど!」などと「高い声+短い一言」でサッと入っていくのです。声も大きく、はっきり発音します。

これをすると一瞬、その場が止まります。その瞬間を狙って、落ち着いて「自分の意見」を言うのがおすすめです。

次ページ「話の途中でさえぎる人」いませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT