塾なしでも伸びる子には「独特の型」がある

意外と知らない「基本形」の押さえ方

自分に合った勉強方法にカスタマイズすることが重要です(写真:cba / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

【質問】
中3の男の子がいる母親です。子どもは、塾には行っていません。自分で勉強すると言うので、本人の意思に任せています。しかし、本人はやる気はあるのですが、勉強方法についてはあまりよくわかっていないようで、行き詰まっているようなのです。私は子どもの頃は勉強ができるほうではなかったので、どう教えていいかわからず、書店で売っている勉強方法の本を買ってきて、やらせてみるのですが、それでは成果がでないようです。どのようにアドバイスをしたらいいものでしょうか。
(仮名:栗田さん)

点数につながるための方法論

この連載の記事一覧はこちら

【石田先生の回答】

勉強方法についてのご相談ですね。本来、このようなご質問のときは、まず勉強をやることの本質的意味について触れるのですが、今回はあくまでも点数につながる勉強方法についてという点に限定してお話をします。本来、点数のためだけに勉強はあるわけではないのですが、その点は過去記事(勉強する意味の記事「『勉強する意味は?』と問う子に刺さる言葉」)をご参照いただくとして、点数につなげるための方法論についてお話をしていきます。

何事にも効率的なやり方や方法というものがあります。それは先人たちが試行錯誤のうえに切り開き、確立した方法といってもいいでしょう。それを知ると遠回りしにくくなり、ショートカットで進んでいくことができます。

しかし、自分に完全にフィットした方法が明確に書いてある書物などに出合う確率は相当低いことでしょう。ちまたにあふれている勉強法のたぐいも、それを書いた人が成功した方法が書いてありますが、それらは部分的に参考にはなっても、自分に完全に合うとは限りません。

スケジュール管理術なども同様ですね。この手帳を使えば夢が実現するといったたぐいのものもあります。それはそれで、一定の成功を収めた方法であるのでしょうが、それを実践しても長続きしないことのほうが多いのではないでしょうか。それはなぜかというと、こういうことなのです。

次ページある1つのやり方だけをまねるのではなく
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT