塾なしでも伸びる子には「独特の型」がある

意外と知らない「基本形」の押さえ方

このゴールとスケジュールがないと、いくら科目ごとの勉強方法を知ったところでうまくいきません。なお、スケジュール管理には、中学生でも手帳を使うことをお勧めします。

2. 計画を随時、修正していく

よく計画倒れといって、計画どおりにいかないことを嘆く人がいます。嘆く必要はありません。なにしろ、計画はそのとおりにはいかないのが当たり前なのですから。重要なことは設定したゴールを達成することであり、計画を決めたとおりにこなすことではありません。計画は始める前にイメージしてつくったものであり、現実に進めていくとそのとおりにはいきません。ですから、迷わず計画修正をするのです。しかし、設定したゴールはよほどのことがないかぎり、変えてはなりません。

試してみて、うまくいかなければ若干変えてみる

3. さまざまな勉強方法の中から自分に合いそうな方法を“試して”みる

「試す」ということがキーワードです。はじめから「この方法で絶対にやる!」と意気込むと修正ができなくなり、そのうちあきらめる羽目に陥ります。試してみるのです。そして、うまくいかなければ若干変えてみる。変えているうちにオリジナルがだんだんと出来上がっていきます。

4. カスタマイズの際、念頭においておくことは次の3つ
『30日間で身につく「地頭」が育つ5つの習慣』画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

①省エネ

つまり、無駄なことはやらないということです。たとえば1度できた問題をチェックしていないために、また同じ問題を解いてしまうのは無駄ですね。また、重要な部分・頻出度の高い部分から優先的に仕上げていくのは効果的です。

②反復3回転

よほど興味がないかぎり、人は1回で記憶できるものではありません。点数を取るためには、回転しなければならないのです。しかし点数が伸び悩む生徒はそれをしません。1回でやめてしまうのです。少なくとも3回転はしなければ、習得はできないのです。ですからスケジュールをつくるときに、間違いを3回見直せるように組んでおきます。すると成績は自動的に伸びていきます。

③情報収集

先ほども述べたとおり、成功事例の情報収集は大切です。どうすれば点数がとれるようになるのか、その情報を知ることは不可欠ですね。基本的にはできる人、成功した人へのヒアリングです。しかし何度も言うように、それは参考にする程度で、丸ごとまねてはいけません。一部取り入れて試してみて、もしよさそうであれば、自分の方法として取り入れましょう。

以上が、自分流のオリジナル勉強法を確立させるための「型」です。この型を参考にされて、日々、成果の出る方法をつくっていってみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT