成績下位クラスの子が「下剋上する」方法

「錯覚を引き起こす」とうまくいく

「できる」という錯覚をうまく利用して、安心感を与えていくと…(写真:xiangtao / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

【質問】
私の孫(男子)は小学4年生ですが算数、国語が苦手で、低学年の問題でもできない状態です。宿題もプリント1枚でも何時間もかかります。学校でも集中力がなく、ぼーっとしているらしいです。
保育園児の弟がテレビをみたりゲームをしたりしていて、勉強に集中できないのもわかるのですが、何か本人をやる気にさせるいい方法はないでしょうか? 学年でもかなり低い成績のようで、私も気をもんでいます。せめて基本的なことを今のうちに身に付けないと、上の学年に進んだら余計につまずいて勉強についていけなくなるというようなことを、担任の先生に言われているそうです。どうか先生よいアドバイスをお願いします。
(仮名:梶田さん)

「錯覚を現実にさせる」という方法

この連載の記事一覧はこちら

お便りありがとうございます。お孫さんは、国語、算数ができず、また勉強するのにも集中できていない。その状態をどのようにすれば良いかというご相談ですね。

かなり成績が厳しいとのこと、小4までに知っておかなければならない知識があまり入っていないということも考えられますね。こうした状況が続き、中学に入るころなど先々、取り返しがつかなくなるのではというご心配、よくわかります。

このような状況のときの対策は、これまでの記事でもそのヒントになるものがあると思いますので、ぜひご覧いただきたいのですが、今回のご相談に対しては、これまで述べてこなかった別のアプローチでお話してみたいと思います。

次ページ「本当なの?」と思われそうな方法かも
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT