「勉強する意味は?」と問う子に刺さる言葉

「将来のためになる」では、心に響かない!

子どもから本質をついた質問をされ、困っています(写真 :しげぱぱ / PIXTA)
小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには?
約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。この連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。
※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

 

【質問】
先日、中3になる息子から次のようなことを聞かれて答えられず、どう話をしていいかわからなくなってしまいました。「クラスでトップ校にいけるのはせいぜい4~5人。このまま僕が勉強してもトップ校には行けない。そこそこの普通の高校に行くために勉強して何か意味があるの?」石田先生であれば、どうお答になりますか?
(仮名:福井さん)

これまでの教育が何だったのかと思わせる質問

この連載の記事一覧はこちら

【石田先生の回答】

福井さん、お便りありがとうございます。お子さんのこの質問、かなり本質をついた質問ですね。これまでの教育というものが、何だったのかと思わせる質問ですね。

おそらくこのような質問をされて、次のような返答をするのが精いっぱいではないでしょうか。

「今、勉強しておけば、いずれ役に立つから」「受験してそれなりの学校に行けば、将来の選択肢が増えるから」「このような勉強は今しかできないものだから」

これらの返答内容は、もっともであり、そのとおり正しいことでしょう。しかし、いずれも、「将来に向けて今やっておいたほうがいい」という、漠然とした未来に対して、今をつなげた内容になっていますね。ですから、言われた子どもが「?」となり、実感がわかない場合が多いのではないでしょうか。

次ページ疑問を感じることこそ大切にしなければいけない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT