「情報が集まる社長」がやっている2つのこと

「経営に影響を与えない提案」こそ重要だ

衆知経営を進めるときに、社長が心掛けるべきこととは?(写真:kikuo / PIXTA)

先日、「衆知経営」について講演をしたところ、講演後の質疑応答で、ある中堅企業の社長が次のようなお悩みを打ち明けました。

「社員に提案を持ってくるように話をしていますが、採用できないものばかり。結局は実施しません。そのため、『社長に言っても、なにもやらない。もう言うのをやめよう』という雰囲気になってきております。どうしたらいいでしょうか」

「衆知経営」とは、松下幸之助さんの経営手法の1つ。小学校4年生のときに学校を中退。無学と言えば言いすぎかもしれませんが、松下さんは、そのような自分を隠そうとはしませんでした。それどころか、自分は学校を出ていないから、知識はない。なにも知らない。なにも知らないなら、知っている人に尋ねていこう、そうすれば、多くの知識、知恵が集まってくる。もっといえば自分のように無学の者に、知識ある人、知恵ある人は教えてくれるべきだ、とまで考えていたかもしれません。いずれにしろ、およそ、松下さんほど、多くの人に多くのことを尋ね、学んだ人はいないように思います。

恐る恐る経営をしていた

この連載の一覧はこちら

多くの人にものを聞く態度は、経営者になっても変わることはありませんでした。むしろ、さらに多くの人に聞くようになりました。それはそうでしょう。一個人であれば自分の興味だけの問いかけでよかったでしょうが、経営者ともなれば、取り組む幅は極端なほどに広がるからです。

経営について何も知らない松下さんは、経営者になって、恐る恐る経営をしていた、ともいえます。わからないこと、戸惑うこと、迷いがあるたびに、悩みながら、多くの人に尋ねながら経営をしていくことになります。

そのことが、会社の発展に大きく役に立ったのです。尋ねれば、人はいろいろと教えてくれる。意見を言ってくれる。悩みを言えば、大抵の人が助言をしてくれる。もちろん、それら意見や助言は玉石混淆、しかし、さまざまな意見、助言も、素直に聞いていけば、おのずと「正解」が得られると悟るのです。

次ページ最善の道を探ることができる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。