リーダーに必要な究極の能力は「愛嬌」だ

部下の心を掴むことこそが経営である

社員に「やる気」を持たせるには?(写真:xiangtao / PIXTA)

経営なんて、そんなに難しいものではありません。要は、社員の心を掴(つか)めばいいのです。社員にやる気を持たせること。それだけで十分だということです。経営がうまくいかないのは、その社員のやる気を起こさせていないか、やる気を削ぐようなことをするからです。

社員が、一生懸命仕事をしているにもかかわらず、その努力を考えず、結果が出ないと怒鳴りまくられれば、誰でもやる気はでないでしょう。あるいは、社員と顔を合わせても、ニコリともせず、無視するような顔をする。要は、俺は偉いんだ、社長なんだという雰囲気を出すから、経営がうまくいかないのです。社長が自ら、偉そうに振る舞えば振る舞うほど、不愛想にすればするほど、蟻地獄。ますます経営は難しくなるのです。

「運が強いこと」と「愛嬌があること」

この連載の一覧はこちら

松下幸之助さんが、松下政経塾の第一期生を決める面接のとき、私は、ウシオ電機の牛尾治朗会長と組んで、面接官をしました。その直前の広い控室で、牛尾さんが面接書類をパラパラと見ながら、「江口さん、これ、なにを基準にして選ぶの? 受験生は皆、すごい子ばかり。どうするの?」と言います。そう言われても、私もわからない。で、「なにを基準にしたらいいのでしょうね」と戸惑いながら応じると、「松下さんに聞いてきてよ」。

その控室で、ほかの人たちと話をしている松下さんを見ながら、そう言いました。そこで、私は、松下さんのところに行って、尋ねると、「う~ん、そうやなあ、“運が強いこと”と“愛嬌があること”、この2つやなあ」と教えてくれました。

余談になりますが、この話は後日、卒塾生たちが、まるで最初に自分が、松下さんから教えられたかのように話をしているのを、よく耳にします。皆、私の話や書物からの引用であって自分が直接、松下さんから聞いたわけではありません。

次ページなぜ愛嬌が必要なのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。