リーダーに必要な究極の能力は「愛嬌」だ

部下の心を掴むことこそが経営である

電話を切ると、「いやあ、お待たせしました」と言う。それはそれでいいのですが、お茶を運んできた女性秘書のお茶を出す手が震えている。一瞬にして、先ほどの、机に足をのせて電話をしている姿を思い出し、社員が相当に、この社長を怖がっているのだと直感しました。そして、私と話をしながら、平気で足を組む。

話の途中、男性社員を呼びだしましたが、その社員もまさに直立不動。社長の話の仕方も、「お前」とか、「さっさと対応しろよ、なにをやっているんだ」と怒鳴るような話し方。ただただ社員は硬直した状態で「ハイ、ハイ」というのみ。こちらが、いたたまれない気分になったことがあります。

これでは、社内の雰囲気も良くないだろうし、風通しも最悪に違いないと思いつつ、その会社の入っているビルを出たとき、この会社、潰れるかもしれないねと、一緒についてきた部下に話をしました。私の部下は「やあ、緊張しました。ビックリしました」というばかりでした。そして、そのとき、私は、この会社と付き合うのはやめる決断をしました。

大抵の社長には「愛嬌」がない

それから、5年ほど経ってから、その会社は、本当に倒産してしまいました。まったく驚きませんでした。その社長を思い出しながら、むしろ、当然だろうな、と思っただけでした。

むろん、このような社長は極端としても、大抵の社長は、松下さんのような「愛嬌」がない。職場を回らない。社員に声を掛けない。雑談をしない。夢を語らない。同じ目線で話をしない。だから、経営に苦労するのです。だから、経営は難しいということになるのです。

日々、社員と共に、同じ目線で、声を掛けるだけで、職場を回るだけで、経営はうまくいくものです。ですから、経営なんて、簡単なものです。実際、さして能力もない私でも、PHP研究所を発展させることができました。松下さんのマネをしただけで、34年間の経営期間で、年商を27倍に拡大、赤字から黒字の会社にすることができました。

職種によって違いはありますが、社内が雑然としている、すれ違っても社員が会釈をしない、社長がスリッパを履いている、社員にのびのび感がない。この4項目のいずれか1つでも当てはまる会社は、おおむねその後も、あまり発展しないか、衰退するかのいずれかでした。あくまで筆者の経験則ですが、最後にそのことを付記しておきたいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。