松下幸之助「成功するかどうかは90%が運」

経営の神様が問わず語りに語ったこと

われわれは自然の理法の研究と人間の本質の研究をもっとやらんといかんね(写真:東洋経済写真部)
江口克彦氏の『経営秘伝――ある経営者から聞いた言葉』。松下電器産業(現パナソニック)の創業者である松下幸之助の語り口そのままに軽妙な大阪弁で経営の奥義について語った著書で、1992年の刊行後、20万部を売り上げるヒットになった。本連載は、この『経営秘伝』に加筆をしたもの。「経営の神様」が問わず語りに語るキーワードは、多くのビジネスパーソンにとって参考になるに違いない。

人間が飢えで困窮しているときに

この連載の一覧はこちら

きみ、あそこ、見てみい。芝生のところ。鳥が飛んできたよ。なんの鳥やろ。時折、こうしていろいろな鳥が飛んでくるけど、ここは近くに東山があるし、このあたり一帯、木をたくさん植えた庭が多いから、とくに鳥も集まってくるんやろうな。かわいいもんやな。

昔な、日本が戦争に負けた直後、前にも言うたけど、食べるものはなんもない。みんな飢えの姿やな。相当悲惨な状態であった。配給で食糧は配られたけど、その配給そのものが、とても生きていくに十分な量ではないんや。その配給を受けておるだけでやっておったら、生きて行くことが出来ん。飢え死にしかない。実際にある判事さんが、私は法律を断固守ります、断じて不法なヤミ取り引きはやりません、と言うて、それで栄養失調で亡くなってしまったほどや。

それで、国民ほとんどみんなが内緒で、やってはいかんとされていたヤミ取り引き(禁じられた物資の取引)をした。自分の家にある物を農家に持って行って食糧と換えてもらう。それでやっとの思いで、わずかばかりの食糧を手にいれて飢えをしのいでいたんや。

ところが、人間がそういう状態で、食べるものもない、生きていくにも苦しいときに、スズメはどうかというと、栄養失調はしておらんわけや。

次ページ豊かで楽しい生活を送るには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT