能力ではなく「興味開発」こそ子育ての肝だ

「好きなことで自立する」を確実にするために

親は「好きなことを見つけてチャレンジしてほしい」という願いも持っている(写真:Fast&Slow / PIXTA)

「子どもの将来に期待することは何ですか?」

あなたなら、この質問にどう答えるだろう? 不幸になってほしいとはまさか答えまい。親ならば誰もが、子どもに幸せになってほしいと、そう願う。

自立と好きなこと、どう両立する?

では具体的に何を期待するだろう? いい大学に入ってほしい。一流企業に就職してほしい。年収1000万円を超えてほしい。そのような思いが出てきただろうか? いいや、きっとそのような答えは出てきていないはずだ。あなたはきっと、子どもには「好きなことを見つけてほしい」と、そう思ったのではないだろうか。

実はこの質問、筆者(5児の父&学習塾経営)が全国の保護者に講演会を通してぶつけてきた質問で、もちろんいろいろな答えを耳にしてきた。ちゃんとメシが食える大人になってほしい。自分で考える力を身に付けてほしい。得意なことを見つけてほしい。それこそ十人十色なのだが、よくよく聞いてみると、そこには共通した願いが見えてくる。保護者が具体的にどんな言葉で表現するかという問題を別にすれば、多くの保護者が次の2つの願いを心に秘めている。

・自立してほしい

・好きなことを見つけてチャレンジしてほしい

きちんと社会に出て稼ぎ、経済的にも精神的にも自立してほしい。親ならば必ず抱く願いだろう。そしてそのために、私たちは子どもの能力をどう開発するか?という課題と向き合うことになる。そしてもうひとつ。どうせなら自分の好きなことを見つけてチャレンジしてほしい。科学者もよし。技術者もよし。スポーツマンもよし。夢を見つけてチャレンジする。そんな人生を送ってほしいとやはり願う。そして私たちは(これが本題なのだが)、子どもの興味をどう開発するか?という課題にぶつかることになる。

次ページ誇りを持てる「何か」を
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。