成功するための努力は、なぜムダなのか

古くて新しい「原因と結果の法則」

それでは、そういうノウハウ化の取り組みがすべて無駄なのかというと、必ずしもそういうわけではありません。

たとえば野球でいえば、ヒットを絶対に打てない型というのはあるので、そういう「確実に失敗すること」はやらないというのがひとつです。「確実に失敗すること」は、「確実に成功する」こととは違って再現性があります。成功はいろいろな要素が積み上がらないとうまくいきませんが、失敗はたったひとつの要素がこけても起こりうるからです。

「成功する」と「失敗しない」はまったく違う

もうひとつの意味のある取り組みは、打席を増やすということです。要するに、ヒットを確実に打つのは、繰り返し述べてきたように再現性がありませんから、そこを狙うのはやめます。つまり打率を上げるのはあきらめます。結局、ヒットの数を増やすことが大事で、そのためには打率を上げるか打数を増やすかです。打率は低くてもたくさん打席に立てば安打数も増えます。ビジネスの成功は安打数であり打率ではありません。そこは野球とは違います。

要するに「成功する」のと「失敗しない」のはまったく違うということです。今まで述べてきたように、成功の原因はいろいろあってよくわかりませんが、失敗の原因は必ず絞り込めます。複雑な因果関係を解きほぐして意味のあるのは、成功よりも失敗のほうがずっと役に立つはずです。

分析した結果、成功することはできなくても、失敗する可能性を少なくすることはできる。そのうえでなるべく多く打席に立つべくチャレンジを繰り返す。そこで失敗を数多く繰り返したとしても、その原因を飽きずに粘り強く執念深く突き詰めることで、結果的に成功確率を上げることができる。

つまるところ、因果関係という論理で始まり、最終的に精神論に帰結するわけで、それが因果関係の本質というのも皮肉なようで、でも、一方で少しだけ小気味よさも残ります。

※ 本文は筆者の個人的見解であり所属する組織・団体を代表するものではありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT