ありえない意味になる「カタカナ英語」の罠

遺体収納袋に魔法のテープ!?

「でも、ホテルでクリーニングに出してもいいんじゃない?」と言うと、「費用はどのくらい」と言うので、「ホテルによるけど、1枚7~8ドルくらいかな」と伝えました。ちょっと考えてから、「現地にいる同僚のところで洗濯機は使わせてもらえるから、non-iron dress shirts は買っていく」とのことでした。

ワイシャツの次は「部屋着が欲しい」ということだったのですが、タロウさん、期待どおりのカタカナ語を使ってくれました。

✕ I need top and bottom trainers.

「トレーナー」は英語では a sweatshirtsweatpants と言います。a trainer では「研修する人・訓練士」という意味になってしまいます。

最近は日本語でも「スウェット」と言うので、昔ほどはこの間違いは聞かなくなりましたが、タロウさんはオジサンなので「トレーナー」と呼ぶ世代なのですね……。しかも「上下」が欲しかったみたいなのですが、これだと、ちょっと勘違いしてしまいそうな英語に……。

ここに書くのも気がはばかれるのですが、top and bottom と聞くと、性行為をするときのポジションの話が真っ先に連想されてしまいます。しかも、そのトレーナーって!? これは、ネーティブが聞いたらビックリするでしょう。

正しくは、

I need a sweatshirt and sweatpants. (トレーナースエットがいる)

と言います。a sweatsuit (スウェットの上下セット)という単語もありますが、 まとめて言うときには a tracksuit (トレーニングウエアの上下)の方が一般的です。厳密には生地が違うのですけれどね。

トレーナーでもフードが付いていてパーカになっていれば a hoodie and sweatpants (パーカとスエット)と言うこともできます。

魔法のテープは長持ちしない

部屋着を探していたら、結局スウェット生地のものではなくて、、ツルツルした感じの生地のまさに a tracksuit に近いものを買うことになりました。ただ、タロウさん、最後まで悩んでいたのが

The magic tapes will wear out soon. (魔法のテープがすぐダメになる)

という点。もう皆さんおわかりの「マジックテープ」です。パンツの裾にマジックテープが付いていて、自分で調整して絞れるようになっているデザインだったのですが、それがお気に召さなかった様子。「マジックテープ」はカタカナ語。でも筆者はタロウさんが wear out という表現を使えたことを褒めてあげたい。

次ページネーティブに伝わる言い方は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT