就活生は「仕事体験プログラム」に参加しよう

大学3年生が来春までにやっておくべきこと

また、短期であれば、限られた時間の中で複数のものにチャレンジすることが可能です。まったく興味がなかった業界の仕事体験にトライしたことで、その業界が意外と面白いことを発見できるかもしれません。「この会社はこうだ」「この業界はこうだ」と決め付ける「食わず嫌い」はもったいないことです。先入観を捨てるために、短期のものはうまく利用できそうです。

短期のプログラムに参加した学生の中には、「1日でその業界が自分に合っていないことがわかった。もし2週間のインターンシップだったら大変だった」という声もありました。

2週間や1カ月といった長期のものには、そうそう何回も参加できるものではありません。短期のプログラムにいくつか参加するなかで、もっと深く学びたいと思えるものに出会えたら、そのとき初めて長期インターンシップに参加するという手もあります。大事なのは、自分の目的にあったものを選ぶことです。

勇気を出してはじめの一歩を踏み出そう

大学3年生の皆さんで、今後の就活に向けてどう動いたらいいかわからずに足踏みしている人、特に夏のインターンシップが気になりながらも参加を見送った人には、ぜひこの機会に、はじめの一歩を踏み出してもらいたいと思います。

仕事体験でなくてもいい。OB・OG訪問など、やることはいろいろあります。動かないままでいると、就活を始めてから非常に短い期間で自分のキャリアについて決めなければなりません。とにかくまずは動いてみましょう。

参加してほかの学生と接したことで、「自分のキャリアが決めきれていないのは私だけじゃない!」と安心した学生もいます。また、自分のキャリア展望を早々に確立して、アドバイスや刺激を与えてくれる心強い“やり手な3年生”に出会えるかもしれません。

一方、夏のインターンシップに参加こそしたものの、モヤモヤした気持ちを抱えて帰ってきた人も少なくないでしょう。しかし、仕事体験を1回経験しただけで、「ここが自分にピッタリだ」とわかるほど、自分のキャリア選択というものは簡単ではありません。

何か違和感を覚えたなら、そこから振り返りを始めればいい。そのモヤモヤを晴らすためには、どうしたらいいかと考え、別の業界や企業の話も聞きにいってみる。そうした繰り返しから、次第に自分の志向や適性が明確になっていくのだと思います。ぜひ勇気を出してトライしてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT