ドーナツにブランド品、女心掴むマックバカ

OB・香坂伸治氏に聞く

日本マクドナルドの業績は苦戦が続いている。ただ、振り返ってみると今から10年以上前の2002年、03年は最終赤字に沈んでいる。当時、アメリカのマクドナルドも00年前後は業績が伸び悩んだ。特に02年には四半期ベースでは数十年ぶりの営業赤字に転落、当時の社長が辞任に追い込まれた。

その後、マクドナルドは経営計画として「Plan to Win」を策定。経営資源を人(People)、商品(Products)、店舗(Place)、価格(Price)、宣伝(Promotion)に集中投資することで業績を伸ばす戦略だ。米国のマクドナルドは商品を絞り込み、教育や店舗への投資を増やし、1ドル商品の拡充などを進めてきた。アメリカの業績は2002年を底に好転、06年まで4期連続で増収増益、07年に南米のフランチャイズ契約を見直したことで減益となったが、以後は12年に至るまで増益を続ける。

この改革をアメリカで経験したのがOBの香坂伸治氏だ。日本マクドナルドに20年近く在籍、その後はクリスピー・クリーム・ドーナツを日本で大ヒットさせ、今はブランド品の買い取り・中古販売チェーン「銀蔵」の社長を務めている。香坂氏が見た“米国流”の改革とは何か。

――マクドナルドに入社したきっかけは?

僕はマクドナルドでバイトをしたことがありません。大学時代はアーチェリー部の主将をしていました。部活の先輩がマクドナルドでバイトをしていたこと、就活情報誌に「早ければ3年で店長」と書いてあって、面白そうだと思ったのがきっかけです。

大学は東京なのですが、出身地の九州に配属してもらいました。入社した1984年ごろには九州全体でマクドナルドは20店ぐらいしかなかった。最初に配属になった福岡県久留米市にある西鉄久留米店。この店に2年いて、当時、九州でいちばん大きなドライブスルーの店だった府内大橋店を経て、福岡市にあった天神の店で店長になりました。

とにかく早く店長になりたい一心で朝から晩まで働いていました。朝6時に店へ行って開店準備をして、本当は15時に帰れるのですが、21時過ぎまで仕事をしていました。

次ページ藤田田にたんかを切る!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT