マクドナルド、「消えたメニュー」復活か?

カウンター置きっぱなしOKは約200店

「こちらにお並びください」――。クルーの叫び声が人波に消えていく。

3月のとある日、JR新宿駅中央東口を出たところにあるマクドナルド新宿中央通り店(東京・新宿区)。道路に面した狭い入り口にはレジが2台しかないが、複数階にまたがるフロアに全181席を擁する大型店だ。

常置しないはずのカウンターメニューがそこに

マクドナルドにとって11時30分から14時前のランチタイムは、1日で最も売り上げを稼ぐ時間帯。平日にもかかわらず、新宿中央通り店の入り口はごった返している。人波の整理をしようとカウンターの外に出たアルバイトの声も、かき消されてなかなか聞こえない。

レジに並ぶと、普段はカウンターの下にしまってあるはずのメニューが、カウンター上に置きっぱなしになっている。店員に訪ねると「お客さまの要望が大きくて」と気まずそうな回答が戻ってきた。

この新宿の店だけではない。公式には“撤去した”はずのカウンターメニューを、置きっぱなしにするマクドナルドの店舗が、実は少なからず存在している。

昨年10月のメニュー撤去で“憶測”も

マクドナルドの各店舗では、昨年10月1日からいっせいにレジカウンターの前にあるメニューを撤去した。

次ページメニュー撤去はネットでも話題に
人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。