マクドナルド、「消えたメニュー」復活か?

カウンター置きっぱなしOKは約200店

マクドナルドの店舗ではカウンターメニュー撤去後も、顧客の要望があればB5版のメニューを配布している(写真)

ツイッターや掲示板サイトなどでは、カウンター上からメニューがなくなって困るという意見が続出。「単品の100円メニューなどよりも、高価格のセットメニューなどに誘導するといった意図があるのではないか」との憶測まで、一部では飛び交ったほど。

その後、11月1日に開かれた日本マクドナルドホールディングスの決算説明会で、原田泳幸会長兼社長はこうした憶測を否定。「(提供時間を早めるという)お客様のベネフィットのためにやった」とコメントしている。

実は2011年の夏頃から、日本マクドナルドホールディングスでは、カウンターメニューを取り払った場合、顧客満足にどうつながるのか、商品の提供スピードをどのくらい短縮できるのか、という検証を進めてきた。

そもそも、レジカウンターにメニューを置いているのは、世界のマクドナルド店舗の中で日本だけということもあり、カウンターメニューを外すという判断に踏み切ったというのが、会社側の公式見解だ。

確認できた「置きっぱなし」は3店、実際には…

しかし、はたして本当にすべての店でメニューは撤去されたのか。昨年10月以降、記者はマクドナルドの店舗を訪れるたびに、本当にカウンターメニューが撤去されたのかどうか、注視してきた。

次ページ3300店中、メニュー常置OKは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT