マクドナルド、ついに100円商品を値上げ

ビッグマックがモスバーガーより高くなる店も

日本マクドナルドホールディングスは4月18日、新たな価格戦略を発表した。

主眼は200円以下の価格帯のメニューを充実させること。一方では、来年4月にも実施される消費増税を踏まえ、5月7日から全国のマクドナルドで100円の「ハンバーガー」など低価格メニューを恒常的に値上げ。さらに一部店舗では、実験的に「ビッグマック」や「てりやきマックバーガー」についても価格を引き上げる。

この結果、マクドナルドの一部店舗ではビッグマックの価格が330~360円(消費税込み、以下同じ)となり、競合するモスバーガー(モスフードサービスが運営)の主力商品「モスバーガー」(320円)を超える価格となる。

100円メニューが120円に20%値上げ

今回、マクドナルドが発表した価格戦略は2つある。

ひとつは連休明けの5月7日からスタートする「Value Picks」(バリューピックス)だ。100円~200円の商品群を充実させる。

目玉商品は、ダブルチーズバーガーよりチーズが1枚少ない新商品「マックダブル」(190円)の投入と、「ポテトSサイズ」(旧価格190~230円、新価格150円)の値下げ。1月4日に値下げ済みの「チキンマックナゲット5ピース」(旧価格250~290円、新価格190円)も、今回のバリューピックスのラインナップに組み入れる。

次ページ49店でビッグマックの値上げ実験
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT