吉野家会長「うまい、安いを取り戻す」

並盛り280円へ値下げの真相

吉野家は4月18日から、牛丼並盛りの定価を380円から280円へと、3割弱値下げする。この2月に米国産牛肉の輸入規制が緩和され、牛丼に適した牛肉の入手がしやすくなったことが大きな理由だ。

「吉野家史上最高のうまさ」と自讃

安部修仁・吉野屋ホールディングス会長兼吉野屋社長(写真)は、4月10日に開かれた吉野家2013年商品戦略発表会の場で、「吉野家史上、最高のうまさだ」と強調した。

牛丼並盛り280円という価格は、吉野家にとっては、今をさかのぼる10年ほど前、2001~04年当時の価格水準。03年末に米国でBSE汚染牛が確認されたことにより、主要食材である米国産牛のバラ肉の輸入がストップ。吉野家は04年に牛丼の販売停止を決断し、「牛丼のない吉野家」に追い込まれた経緯がある。

その後、米国産牛肉の輸入については、05年12月にBSE発生リスクが低い月齢20カ月以下については輸入再開を認められ、吉野家も06年9月から並盛り380円で販売を再開している。

しかし、03年末の輸入停止まで吉野家が使っていたバラ肉は月齢18カ月~24カ月のものだったのに対し、05年末の輸入再開においては、規制の関係で月齢15カ月前後のバラ肉を使わざるをえなかった。

次ページ若すぎる肉はマイルド感不十分
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT