牛丼“値引き戦争”は、いつまで続くのか?

食材高止まりで低価格路線に限界も

牛丼大手3社がこの春、期間限定での値引きを実施する。

ただ、高止まりする食材価格が収益を圧迫しているため、かつてのように各社が競って値引きを濫発する“低価格戦争”が再発するかどうかは未知数だ。

すき家、松屋は並盛り250円、チカラめしは「静観」

ゼンショーホールディングスが展開する「すき家」は、4月5日から12日まで全店で牛丼並盛り(写真)を30円値引きし、250円で販売する。会社側は「新生活が始まる4月にぜひ、すき家を知ってほしい」と意気込む。すき家がこの時期に値引きを実施するのは3年連続だ。

松屋フーズが運営する「松屋」も、“グループで1000店舗を達成した記念”として4月8日から15日まで、牛めし並盛りを30円値引きして250円で販売する。

吉野家(吉野家ホールディングス)は今のところ「詳細は未定」としているが、例年通り「春の牛丼祭」は実施する方向だ。

一方、焼き牛丼で牛丼業界に殴り込んだ「東京チカラめし」(三光マーケティングフーズ)は、「同じ戦場では戦わない」として、現時点では値引きを見送る予定だ。

次ページ値引きを“封印”した12年は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT