牛丼“値引き戦争”は、いつまで続くのか?

食材高止まりで低価格路線に限界も

牛丼大手3社がこの春、期間限定での値引きを実施する。

ただ、高止まりする食材価格が収益を圧迫しているため、かつてのように各社が競って値引きを濫発する“低価格戦争”が再発するかどうかは未知数だ。

すき家、松屋は並盛り250円、チカラめしは「静観」

ゼンショーホールディングスが展開する「すき家」は、4月5日から12日まで全店で牛丼並盛り(写真)を30円値引きし、250円で販売する。会社側は「新生活が始まる4月にぜひ、すき家を知ってほしい」と意気込む。すき家がこの時期に値引きを実施するのは3年連続だ。

松屋フーズが運営する「松屋」も、“グループで1000店舗を達成した記念”として4月8日から15日まで、牛めし並盛りを30円値引きして250円で販売する。

吉野家(吉野家ホールディングス)は今のところ「詳細は未定」としているが、例年通り「春の牛丼祭」は実施する方向だ。

一方、焼き牛丼で牛丼業界に殴り込んだ「東京チカラめし」(三光マーケティングフーズ)は、「同じ戦場では戦わない」として、現時点では値引きを見送る予定だ。

次ページ値引きを“封印”した12年は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT