マックバカ必須アイテム、ビッグマックの秘密

ビッグマックはマクドナルドを救う?

ビッグマック――。一般の消費者にとってはただの大きなハンバーガーだが、厨房で死ぬといってはばからなかったマックバカ現役クルーに愛の”喝”を入れるマックボスにとって、マクドナルドへの愛を語るうえで欠かせない食べ物と言える。そして普段は冷静な原田泳幸会長兼社長までも「好採算!」と連呼する戦略商品でもある。

マクドナルドの業績は苦戦が続いている。そのマクドナルドが業績改善の要として期待を寄せるのがビッグマックだ。1月にはビッグマックキャンペーンとして、商品を60秒以内に提供できればコーヒー無料券、できなかったらビッグマックなどの無料券を配る「ENJOY!60秒サービス」キャンペーンを展開した。また1月14日「成人の日」に、全国の新成人にビッグマック25万個を無料で配布し、ビッグマックをテーマにしたアート作品や自分なりの食べ方を募集する「ビッグマック・アワード」を実施している。今回はマックバカに欠かせないビッグマックを通じて、マクドナルドの商品開発に迫る。

ビッグマックが発売された1967年生まれの元サッカー日本代表の中山雅史さんも「母乳の代わりにビッグマックを食べて大きくなった」と溺愛ぶりを隠さない(撮影:今井康一)

ビッグマックの歴史は古い

ビッグマックの歴史は1967年のアメリカにさかのぼる。フランチャイズオーナーのジム・デリガッティ氏が大人向けの2段重ねのハンバーガーを考案。当時45セントでこのビッグマックを投入したところ売上高が10%以上増えたという。翌年にはアメリカの全店で販売されるようになり、日本でも1971年の創業当初から販売されている看板商品だ。

次ページビッグマックは芸人で言えば「定番ギャグ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。