牛丼“値引き戦争”は、いつまで続くのか?

食材高止まりで低価格路線に限界も

ただ、その後、期間限定での値引きを濫発したために、2011年後半から集客効果が薄れてきたことに加え、12年に入ると牛丼に使うバラ肉やコメがそれぞれ3~5割も高騰。値引きの原資が乏しくなったことにより、年間を通じてほぼ値引き販売を“封印”していた。

この間、期間限定値引きの代わりに各社が採った戦略は、“高価格商品”への注力だ。松屋は昨年7月に「カルビ焼肉定食」(630円、期間限定)、吉野家も同9月に「牛焼肉丼」(480円、同)、すき家は同8月からレギュラー商品として牛トロ丼(680円)を、それぞれ投入した。

低価格戦争再燃か、春の値引きが試金石に

もっとも、各社の投入した高価格商品は、低価格に慣れた顧客の心をつかみきれず、かつての牛丼の値引きほど爆発的な集客力にはつながっていない。3社の2012年度の既存店売上高前期比はすき家92.2%、吉野家97.7%、松屋92.9%といずれも前年割れに沈んでいる。

そうした意味でも、今回の期間限定値引きには、集客効果がまだあるのかどうかを試す意味合いもありそうだ。

“期間限定”とはうたいながらも、コメや牛肉など食材価格が高止まりする中で、かつてのように年間7~8回も牛丼の値引きが行われる低価格戦争が再燃するのか。先の見えにくい牛丼業界で“春の陣”の火ぶたが切って落とされようとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
  • 精神医療を問う
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT