マクドナルド、高価格セット再投入の皮算用

ゴールデンバーガーウィークに照準

日本マクドナルドホールディングスが、レギュラーメニューよりも高価格のハンバーガーを期間限定で販売する。

まずは4月5日から全国のマクドナルド店舗(一部を除く)で、「チキンてりたま」を期間限定(~4月下旬)で投入する。3月22日から同じく期間限定で販売してきた「てりたま」も予定どおり4月下旬まで展開する。

さらに、売り上げが大きく伸びる4月26日~5月6日の連休前後を“ゴールデンバーガーウィーク”と命名、「バーベキュービーフ」や「バーベキューチキン」を投入する。新商品を投入することで、低迷する売り上げの好転を図る狙いがありそうだ。

新メニューに原田社長は“賢い”を連発

4月4日、急きょスケジュールを変更して商品発表会に出席した、日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸会長兼社長は「賢いコアメニューと賢い季節限定メニューに重点を置く」と宣言。

食材については、「チキンてりたま」の鶏肉は、レギュラーメニューである「ジューシーチキンフィレオ」に使われているジューシーチキンを活用。「バーベキュービーフ」についても、2月に限定販売されていた「テキサスバーガー」と同じフライドオニオンやバーベキューソースを使う。

次ページ昨夏の高価格セットは2週間で値下げ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT