マクドナルド、高価格セット再投入の皮算用

ゴールデンバーガーウィークに照準

低価格品で地ならし、高価格品で刈り取る戦略の成否は

マクドナルドは従来から、値引きや低価格メニューで集客して、高価格メニューの販売で利益を稼ぐ手法を取ってきた。

今年に入ってからも、1月に実施した「ENJOY!60秒サービス」、コーヒーやハッシュポテトを月曜ごとに無料配布して朝食需要を開拓する「フリーマンデー」(1月以降、断続的に実施)で“地ならし”をしてきた。

今回の「チキンてりたま」や「バーベキュービーフ」も、こうした地ならしで集客力を高めた後に、利益を刈り取るための高価格メニュー戦略といえそうだ。

ただ、肝心の日本マクドナルドホールディングスの業績はというと、既存店売上高が昨年4月から今年2月まで、11カ月連続で前年割れが続いている状況。4月8日に発表される予定である3月の既存店売上高も、大きな回復は見込めそうにない。

原田社長は、既存店が前年割れを続けているのは「昨年5月からディスカウントプロモーションをやめたから」と指摘。そのうえで、既存店売上高の前年割れ幅は縮小傾向にあることから、「ほぼ計画通り、5月にはプラスに転じる」と予言した。

はたして春の新商品はマクドナルド復活の起爆剤となるのか。勝負は“ゴールデンバーガーウィーク”の5月に懸かっている。

(撮影:谷川 真紀子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT