マクドナルド、高価格セット再投入の皮算用

ゴールデンバーガーウィークに照準

低価格品で地ならし、高価格品で刈り取る戦略の成否は

マクドナルドは従来から、値引きや低価格メニューで集客して、高価格メニューの販売で利益を稼ぐ手法を取ってきた。

今年に入ってからも、1月に実施した「ENJOY!60秒サービス」、コーヒーやハッシュポテトを月曜ごとに無料配布して朝食需要を開拓する「フリーマンデー」(1月以降、断続的に実施)で“地ならし”をしてきた。

今回の「チキンてりたま」や「バーベキュービーフ」も、こうした地ならしで集客力を高めた後に、利益を刈り取るための高価格メニュー戦略といえそうだ。

ただ、肝心の日本マクドナルドホールディングスの業績はというと、既存店売上高が昨年4月から今年2月まで、11カ月連続で前年割れが続いている状況。4月8日に発表される予定である3月の既存店売上高も、大きな回復は見込めそうにない。

原田社長は、既存店が前年割れを続けているのは「昨年5月からディスカウントプロモーションをやめたから」と指摘。そのうえで、既存店売上高の前年割れ幅は縮小傾向にあることから、「ほぼ計画通り、5月にはプラスに転じる」と予言した。

はたして春の新商品はマクドナルド復活の起爆剤となるのか。勝負は“ゴールデンバーガーウィーク”の5月に懸かっている。

(撮影:谷川 真紀子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。