マクドナルド、高価格セット再投入の皮算用

ゴールデンバーガーウィークに照準

原田社長(写真)は、食材の共通化を進めることで「賢い利益を伴う戦略の第1弾」と説明した。

昨夏には2週間で値下げを余儀なくされたが…

ただマクドナルドの高価格品戦略には手詰まり感もある。

昨年夏に実施した「世界の★★★マック」キャンペーンでは発売当初、700円前後のセット価格を設定。しかし、売れ行き不振から、開始後わずか2週間あまりで100円近く値下げせざるをえなくなった。

そうした経験も踏まえて今回も実施する期間限定商品だが、価格は決して安くない。

「チキンてりたま」は単品価格340~380円、マックフライポテト(Mサイズ)やドリンク(同)を付けたバリューセット価格が650~700円(一部店舗除く、以下同じ)。「バーベキュービーフ」や「バーベキューチキン」もバリューセット価格で650円前後という値段設定になっている。

これは「ビッグマック」(単品290~340円、セット価格610~680円)や、「てりたま」(単品価格300~340円、セット価格610~660円)に比べても、同水準以上の価格設定だ。

「チキンてりたま」に使われるチキンは一般にビーフよりも安いイメージがある。ただ、商品開発を担当したメニューマネジメント部マネージャーの蕗澤拓(ふきざわ・たく)氏は、「チキンはモモ肉を使っており、実はそれほど原価はそれほど安くない」と事情を明かす。

次ページ勝負は“ゴールデンバーガーウィーク”に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。