マクドナルド原田社長、役員報酬4割減か

総会招集通知からの試算では2億円弱に

業績不振の日本マクドナルドホールディングス。これまで年間3億円以上の報酬を得てきた原田泳幸会長兼社長(写真。以下、原田社長)だが、前2012年12月期の役員報酬はどうやら、半減近くに落ち込むことになりそうだ。

役員報酬「合計」が4億円弱から2億円強に大幅減

日本マクドナルドの第42回定時株主総会が3月19日、東京国際フォーラムで開催される。その招集通知の記載から、原田社長の役員報酬が大幅減となることが見て取れる。

過去2期の有価証券報告書と今回の招集通知のデータをまとめると次のようになる。

【10年12月期】

役員報酬合計    3億4900万円

原田社長      3億2300万円

その他役員(人数)  2600万円(2人)

【11年12月期】

役員報酬合計    3億8900万円

原田社長      3億1700万円

その他役員(人数)  7200万円(3人)

【12年12月期】

役員報酬合計    2億2800万円

原田社長        ?

その他役員(人数)   ? (2人)

仮に、その他役員の報酬がゼロとしても、原田社長の役員報酬は2億2800万円となるため、11年12月期の3億1700万円と比べると、額にして8900万円、率にして28%が減少することになる。つまり最低でも、12年12月期の原田社長の役員報酬はこれだけ減るということだ。

次ページ試算では3億円強から、2億円弱に減額
人気記事
トピックボードAD
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。