マクドナルド原田社長、役員報酬4割減か

総会招集通知からの試算では2億円弱に

業績不振の日本マクドナルドホールディングス。これまで年間3億円以上の報酬を得てきた原田泳幸会長兼社長(写真。以下、原田社長)だが、前2012年12月期の役員報酬はどうやら、半減近くに落ち込むことになりそうだ。

役員報酬「合計」が4億円弱から2億円強に大幅減

日本マクドナルドの第42回定時株主総会が3月19日、東京国際フォーラムで開催される。その招集通知の記載から、原田社長の役員報酬が大幅減となることが見て取れる。

過去2期の有価証券報告書と今回の招集通知のデータをまとめると次のようになる。

【10年12月期】

役員報酬合計    3億4900万円

原田社長      3億2300万円

その他役員(人数)  2600万円(2人)

【11年12月期】

役員報酬合計    3億8900万円

原田社長      3億1700万円

その他役員(人数)  7200万円(3人)

【12年12月期】

役員報酬合計    2億2800万円

原田社長        ?

その他役員(人数)   ? (2人)

仮に、その他役員の報酬がゼロとしても、原田社長の役員報酬は2億2800万円となるため、11年12月期の3億1700万円と比べると、額にして8900万円、率にして28%が減少することになる。つまり最低でも、12年12月期の原田社長の役員報酬はこれだけ減るということだ。

次ページ試算では3億円強から、2億円弱に減額
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。