マクドナルド原田社長、役員報酬4割減か

総会招集通知からの試算では2億円弱に

これに対して、今13年12月期は売上高2695億円(前期比8.6%減)、営業利益252億円(同1.7%増)を会社側は計画。FC化や閉店の推進により売上高は減収となるものの、営業利益については増益を目指すとしている。

その前提となる既存店売上高は99~101%。出退店については出店が100、退店が100で純増はゼロだが、小型店から大型店への移行を継続し、店舗採算の向上を図る。

増益計画の達成は難しそう

今年2月に行われた、前12年12月期の決算説明会で、原田社長は、「既存店売上高は13年1~3月期(第1四半期)には前年同期比90%程度で推移するが、4月以降に持ち直してプラスへ転じ、通期では100%前後になる」と言明。

さらに、「昨年4月以降、前年割れの状態が続いていること(比較対象となる前年同期が低い水準ということ)、季節限定商品よりも定番商品の販売を強化すること、包括的な新たなバリュー戦略を打ち出すことなどから、回復を見込む」と説明した。

ただ、こうした説明に対して、多くのアナリストが根拠不足ととらえているのは事実だ。東洋経済でも、日本マクドナルドの今13年3月期の業績は、減益になる公算が大きいと見ている。

  (写真は2月の決算説明会時、撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT