マクドナルド原田社長、役員報酬4割減か

総会招集通知からの試算では2億円弱に

これに対して、今13年12月期は売上高2695億円(前期比8.6%減)、営業利益252億円(同1.7%増)を会社側は計画。FC化や閉店の推進により売上高は減収となるものの、営業利益については増益を目指すとしている。

その前提となる既存店売上高は99~101%。出退店については出店が100、退店が100で純増はゼロだが、小型店から大型店への移行を継続し、店舗採算の向上を図る。

増益計画の達成は難しそう

今年2月に行われた、前12年12月期の決算説明会で、原田社長は、「既存店売上高は13年1~3月期(第1四半期)には前年同期比90%程度で推移するが、4月以降に持ち直してプラスへ転じ、通期では100%前後になる」と言明。

さらに、「昨年4月以降、前年割れの状態が続いていること(比較対象となる前年同期が低い水準ということ)、季節限定商品よりも定番商品の販売を強化すること、包括的な新たなバリュー戦略を打ち出すことなどから、回復を見込む」と説明した。

ただ、こうした説明に対して、多くのアナリストが根拠不足ととらえているのは事実だ。東洋経済でも、日本マクドナルドの今13年3月期の業績は、減益になる公算が大きいと見ている。

  (写真は2月の決算説明会時、撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT