"友達申請"してくる、上司との距離の取り方

「伴走型」マネジメントが流行ってますが……

上司と部下の関係は「つかず離れず」がいいと言われます。師弟のような濃密な関係をよしとする意見もありますが、あくまで仕事上の関係。何事も本音でぶつかり合っていては、キリがありません。相手を傷つけたり、むやみな争いごとになるような発言は、大人として慎んだほうが無難です。

たとえば、上司が昨日とはまったく逆の優先順位で指示してきたとき。思わず、「勘弁してください!コロコロと指示が変わるとついていけません」とキレそうになっても、「わかりました」と大人の対応をするほうが、得策であったりします。部下から間違いを指摘されることで、プライドが傷つく上司が多いからです。

ただ、仕事に対するスタンスやこだわりは人それぞれ。組織力を高めるためには、お互いを理解すること、信頼することはとても重要です。

たとえば、「納期を厳守することが絶対」なのか「いいものをつくるために、時間は惜しまない」のか。価値観をすり合わせておくと、仕事はスムーズに進むようになります。

若手は、上司を避けているとは限らない

実際、ネット上でコミュニケーションできる時代になったにもかかわらず、職場でお互いの距離を近づけるためのイベント、歓送迎会等の飲み会や、運動会、クリスマス会といった等同僚同士の親睦を図る企画は、減っていません。むしろ重要視する職場が増えています。かしこまって仕事しているだけでは、お互いがわからないと、みな感じているからかもしれません。

上司と部下の間での飲みニケーションも、まだまだ健在。キリン食生活文化研究所の調査によると、20代ビジネスパーソンの約5割が「上司とお酒を飲む機会は必要」と回答。その目的は「コミュニケーションをとりたい」が約52%と断トツに多く、2位には「楽しくいろいろな話がしたい」が約24%で続きます。気軽な会話で、まずは気心を通わせたいようです。

ただ、3~4位に「仕事や人間関係に関する情報収集」と「仕事のアドバイスを受けたい」が続いており、仕事の相談や一歩踏みこんだ話を求めていることがうかがえます。また、上司と飲みに行ったときの満足度は20代が約40~50%で、若い世代ほど、高い傾向にあります。

次ページウザイと思う距離感
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。