失敗を重ねることで、「スタイル」が見つかる

元早稲田大学ラグビー部監督 中竹竜二氏に聞く(下)

「理想のリーダー」にはなれない――。
多くの新任マネジャーが感じているであろうこの思いを、意外にも大学4年生の時に名門早稲田大学ラグビー部のキャプテンを務めた中竹氏も抱いていた。足が遅くて、カリスマ性もない。そんな中竹氏が見いだした突破口は、「スタイル」だった。

(インタビューの(上)はこちら

スタイルの重要性に気づいたのは、学生時代、早稲田大学4年生でラグビー部キャプテンに就任した時のことでした。

世の中にはリーダーに対して完璧な理想像があります。しかし、私は子どもの頃からその「理想のリーダー」にはなれないと思っていました。足が遅くてプレーヤーとして突出していた訳ではないし、カリスマ性もありませんでした。

そんな私が早稲田のキャプテンとしてやったことは、その後提唱するようになるフォロワーシップと同じ。自分が引っ張っていくのではなく、メンバーが能力を発揮できるように心掛けました。もし私が世の中のイメージどおりの理想のキャプテン像を目指していたら、大失敗していたでしょう。

失敗を重ねることでスタイルが見つかる

人の能力にはバラツキがあります。だから、理想に向かって頑張るのではなく、今ある自分の能力をどうやって使いこなすかと考えた方がいいと思うのです。

次ページ「スタイル」を確立するためには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。