失敗を重ねることで、「スタイル」が見つかる

元早稲田大学ラグビー部監督 中竹竜二氏に聞く(下)

「理想のリーダー」にはなれない――。
多くの新任マネジャーが感じているであろうこの思いを、意外にも大学4年生の時に名門早稲田大学ラグビー部のキャプテンを務めた中竹氏も抱いていた。足が遅くて、カリスマ性もない。そんな中竹氏が見いだした突破口は、「スタイル」だった。

(インタビューの(上)はこちら

スタイルの重要性に気づいたのは、学生時代、早稲田大学4年生でラグビー部キャプテンに就任した時のことでした。

世の中にはリーダーに対して完璧な理想像があります。しかし、私は子どもの頃からその「理想のリーダー」にはなれないと思っていました。足が遅くてプレーヤーとして突出していた訳ではないし、カリスマ性もありませんでした。

そんな私が早稲田のキャプテンとしてやったことは、その後提唱するようになるフォロワーシップと同じ。自分が引っ張っていくのではなく、メンバーが能力を発揮できるように心掛けました。もし私が世の中のイメージどおりの理想のキャプテン像を目指していたら、大失敗していたでしょう。

失敗を重ねることでスタイルが見つかる

人の能力にはバラツキがあります。だから、理想に向かって頑張るのではなく、今ある自分の能力をどうやって使いこなすかと考えた方がいいと思うのです。

次ページ「スタイル」を確立するためには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。