中間管理職は社長の振るう「タクト」を見よ

モンベル会長 辰野勇

モンベルにはフリースタイルカヤックの世界選手権出場者、南極観測隊の参加者など、卓越したアウトドア経験を持った社員が集まる。そして、辰野氏は、そんな新入社員が入社する際には、「できない社員の分もカバーして働いてほしい」と伝えるという。

インタビューの(上)冒険で体得した51%に懸ける決断力はこちら

モンベルには、何もしなくても登山などアウトドアの好きな連中が集まってきます。逆に、アウトドアに興味がない人が入社しても何も面白くないでしょう。

われわれは、終身雇用の日本型経営を目指しています。欧米の企業文化では、能力主義でできる社員にはどんどん報酬を与えるけれども、一方で弱者切り捨ての面も出てしまう。正社員がほとんどだったこれまでの日本の雇用形態は崩れつつありますが、これはあまり好ましいことではないとわたしは思っています。いつでも解雇できるというのは会社にとって経営上は都合がいいかもしれないけれど、この小さい島国の中で落ちこぼれた人間はどこにいけばいいのでしょうか。

多様な人材が互いを支える

多様な人材が、それぞれの特技、能力を生かしながら、互いに支え合い、補い合って仕事をしていく。

これはアウトドアとは関係なく、人間として根源的なことだと思います。もし自分の子どもが障害を持って生まれてきたらどうするでしょうか。その子どもを解雇することなんてできるわけがありません。その子どもの特技を生かしながら、周りの人が支えていくことが必要でしょう。

次ページ会社経営とオーケストラ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。