これからの中間層は、年収200~400万円

人気連載ランキング(リニューアル第5週)

11月12日より新たに生まれ変わった『東洋経済オンライン』。リニューアルと合わせて、約50個の新連載をスタートしました。ビジネス、IT、アジア、マネー、キャリア、教育、アジア、カルチャーなど、多様なジャンルから、各界のキーパーソンたちに、切れ味鋭い記事を提供していただきました。

そんな新連載のなかで、読者のみなさんにいちばん読まれたものはどれでしょうか。それを知るため、リニューアルから現在までの、週間ランキングを作成してみました。新年にも、続々と新連載をスタートいたしますので、ぜひご期待ください。

12月10~16日 連載ランキング

1位 年収200~400万円の"新中間層"が生きる道

 (10年後に何が食えるか プロと考える仕事の未来)

2位 日本の政界はプロレス界にそっくりだ

(グローバルエリートは見た!)

3位 エリート以外の99%はコミュニティが仕事場

 (10年後に何が食えるか プロと考える仕事の未来)

4位 これを言ったらアウト!忘年会の爆弾15ワード

(女性を知ればチームは強くなる)

5位 育休取得率100%、サントリーのすご腕マザー

(ワーキングマザーサバイバル)

6位 キンドル成功のカギはエロコンテンツ(上)

(紙メディアvsネット 最終決戦)

7位 アジアには、民主選挙より独裁が向いてる?

(グローバルエリートは見た!)

8位 キャリアという"偶然"に必要なもの

 (Think! 新しいキャリアの教科書)

9位 スタンフォードで学ぶ、修羅場の人間関係

(超一流MBA校で戦う日本人)

10位 大学業界で、これからも食えますか?

  (キャリア相談:君の仕事に明日はあるか?)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。