岡島悦子「人気のない仕事にチャンスがある」

30代前半までに一つ実績を

日本の新しいモデルを創る「新世代リーダー」とはどんな人なのか。どんな能力、教養、マインドセット、行動が必要となるのか。国内外のリーダーを知り尽くした、各界の識者たちに「新世代リーダーの条件」を聞く。
第7回目に話を聞くのは、当サイトで「女性はどうすれば出世できるのか?」を連載する、岡島悦子プロノバ社長/グロービス経営大学院教授。経営の「プロ人材」紹介を行うヘッドハンターとしての経験を踏まえながら、新世代のリーダーに求められるものについて語る。

※インタビュー(上)はこちら

リーダーシップの4類型

アカデミックな世界では当たり前の話になっているが、リーダーシップのスタイルは4つに分けられる(下図参照)。人間のタイプを4つに分類しているのではなく、リーダーシップのスタイルを分類している所がミソである。

1つの軸は、論理重視か感情重視か、もう1つの軸は、結果重視かプロセス重視かだ。今の時代、リーダーは、環境の要因(たとえば、変革の時間軸や企業文化)と部下の要因(例えば能力、意欲、自律性)をしっかりと分析して、自分がどのタイプのリーダーシップスタイルをとっていくのが最適かを、最初に見極めなければならない。そのうえで、そのスタイルを意識的に演じていく必要がある。

この「演じる」ということが重要だが、理解していない方が多い。リーダーシップと言った途端に、自身の性格や得意な方法の話になりやすい。また、指示命令型のカリスマリーダーばかりを想起して、「俺はカリスマ性がないから」という話になってしまう。

メディア等の影響なのか「ガリガリこれをやれ」と上位下達で指示するのが、リーダーシップだと思いがちだが、実は全然そんなことはない。たとえば、マッキンゼーのような個人の自律性と能力が高い組織では、「指示命令型」は機能せず、組織は空中分解してしまうだろう。論理的に説明し納得感を醸成したら権限委譲する「委任型」が最適だろう。スターバックスのように共感に訴え「価値観」で人を動かす組織であれば「支援型」、といった風である。

次ページ地雷を踏まないために
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。