人事異動後に結果が出せる人、出せない人

上司の言う「前提」は、絶対に覆らない?

さあ、世間は人事異動シーズン、真っただ中。「ついに念願の部署に行ける!」と狂喜乱舞する人、「なぜ俺があんな部署に……」と涙を流す人などなど。今日も日本全国の職場で、悲喜こもごものドラマが繰り広げられていることでしょう。

さて、人事異動でよくあるのが「上司は『異動は当面ない』と言っていたのに、突然、地方転勤になった」などというパターン。「大前提」と思っていたことが突然覆されると、人は動転し、それまでとは別人のように弱くなったりします。気持ちの切り替えができず、その後うつうつとして過ごす人も多いかもしれません。

あるメーカーで商品開発の担当をするPさんも、そんな1人。

「このテーマで開発を急いでほしいので、別の仕事はやらないこと」

と、ひとつの仕事に集中することを、上司から厳命されました。難度の高い仕事で、失敗が許されないからでしょう。上司の言いつけどおり、Pさんはその仕事に専念。「相談したいことがあるのだけど」と同僚から声をかけられても、「上司から別の仕事にかかわるなと言われているので」と相談レベルでも対応を拒否。

周囲から「いくら何でも冷たいよ」と言われても、頑として態度を変えませんでした。でも、それは任された仕事を全うするために、絶対必要な前提条件であるとPさんは信じていました。

ところが1カ月も経たないうちに、上司は「悪いけど、この開発もお願いするよ」と前提条件を変える依頼を持ち込んできました。それに対してPさんは、「話と違う」と噛みつきました。すると……。

「状況が変わったんだよ。それを察するのも大事なことじゃないか」

と、愕然とする返事が返ってきました。結局、Pさんはなし崩しのように、複数の開発案件を同時並行することになりました。

次ページそれは予測できない事態か?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT