リクルート”最強の母”の、脱・出世戦略 育休明けの3段階降格、それがどうした!

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

「子どもは子どもで、せっかく母親と2人になっても仕事の話ばかりで可哀想だし、部下も部下で、トラブルが起きたとき、上司がそばにいなくて気の毒だと、心が引き裂かれそうでした」

葛藤しながらも、問題を抱えた部下に会いに行くため、夜中に飲み会から帰宅した夫に子どもを託し、夫が乗ってきたタクシーにそのまま乗り込んで、午前2時に会社に急行するなんて事もあったという。

事業部長への大出世、そして挫折……

そこまでしたかいもあり、復帰1年後には再び、営業マネジャーに返り咲いた。その直前に手掛けていた「リクナビ派遣」のリニューアルが大成功し、「最高査定をもらった」のが決め手となった。

そして、さらにその1年後には、なんと人材部門では7~8人しかいないという「カンパニーオフィサー(事業部長)」職に昇格。最年少、かつ唯一の女性カンパニーオフィサーが誕生した瞬間だった。

部下は全国におよそ70人。100億円規模の事業の全責任を負う大役だ。それはもう、「かわいげとか愛嬌で勝負できるような世界ではない」。やるべき課題は山積みだった。

「法律も事業計画の勉強も急ピッチでする必要がありました。これはもう素直に先人の教えを請うしかないと、過去の事業計画書を取り寄せ、それを担当した社内外の人を訪ね、『教えてください』と聞いて回りましたね」

ところが、そんな折、100年に1度の経済危機と言われた「リーマンショック」が人材市場を襲った。

「これはキツかった。打つ手打つ手がうまくいかず、業績は下方修正につぐ下方修正です。上司には、『達成できない計画を出してくるな』と怒鳴られ、『お前には“地の”スジのよさが欠けている』とまで言われて、どう責任を取ったらいいか、毎晩、怖くて怖くて眠れませんでした」

しかも、当時の堂薗さんは私的に別の悩みも抱えていた。「2人目不妊」の問題だ。

次ページ今度は3段階降格、それでも上機嫌な理由
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT