リクルート”最強の母”の、脱・出世戦略

育休明けの3段階降格、それがどうした!

堂薗さんが、「鬼コーチ」から「頼りがいのある伴走者」に変容していったのは、2人の子どもを育児してきた成果でもある。

「子どもは自分の思い通りにはならないし、子どものスペシャリティは1人ひとりでまるで違う。そのすべてをリスペクトしてあげる必要があると、ようやくわかってきました」

「物事は計画通りにはいかない」ことは、長年のキャリアからも学んだ教訓だ。

「目の前にあることを頑張っていれば、次に登る山は自然と見えてくる。だから、昔あれほどあった出世志向も、今はありません。もちろん、今後エッと思うような人が役員になっちゃったら、だったら私……と思うかもしれませんが(笑)」

昔から「英知は苦難からもたらされる」というが、堂薗さんの言葉を聞くと、苦難から決して逃げなかった人特有の説得力を感じる。

「ワーキングマザーの多くは『両立は大変だ、大変だ』と、しんどいことに目がいきがち。でも、それを言っちゃあおしまい。子どもがいて仕事もできるなんて、なんてラッキーなんだと、そのすべてを積極的に楽しむこと。そうすれば、自然と結果はついてくるはずです」

以前は、「環境次第でパフォーマンスが変わる」と上司に指摘されたこともある堂薗さん。その堂薗さんが、「環境は自分が創る」ことを証明してくれるのだから、やっぱり説得力がある。

(撮影:今井 康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT