リクルート”最強の母”の、脱・出世戦略

育休明けの3段階降格、それがどうした!

堂薗さんが、「鬼コーチ」から「頼りがいのある伴走者」に変容していったのは、2人の子どもを育児してきた成果でもある。

「子どもは自分の思い通りにはならないし、子どものスペシャリティは1人ひとりでまるで違う。そのすべてをリスペクトしてあげる必要があると、ようやくわかってきました」

「物事は計画通りにはいかない」ことは、長年のキャリアからも学んだ教訓だ。

「目の前にあることを頑張っていれば、次に登る山は自然と見えてくる。だから、昔あれほどあった出世志向も、今はありません。もちろん、今後エッと思うような人が役員になっちゃったら、だったら私……と思うかもしれませんが(笑)」

昔から「英知は苦難からもたらされる」というが、堂薗さんの言葉を聞くと、苦難から決して逃げなかった人特有の説得力を感じる。

「ワーキングマザーの多くは『両立は大変だ、大変だ』と、しんどいことに目がいきがち。でも、それを言っちゃあおしまい。子どもがいて仕事もできるなんて、なんてラッキーなんだと、そのすべてを積極的に楽しむこと。そうすれば、自然と結果はついてくるはずです」

以前は、「環境次第でパフォーマンスが変わる」と上司に指摘されたこともある堂薗さん。その堂薗さんが、「環境は自分が創る」ことを証明してくれるのだから、やっぱり説得力がある。

(撮影:今井 康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT