欧米流だけが、正しいリーダーシップですか

逆境を乗り越えた、アジアのリーダーに学ぶ

ミシガン・ロスの授業では、バンヤンツリー社がアジア各国でどのようにCSR(企業の社会的責任)を果たしているか、という事例が取り上げられた。

同社は、「環境を慈しみ、人に自立の力を与える」をミッションとして、アジア文化の継承や、環境保護運動、地域での雇用の創出、などに積極的に取り組んでいて、CSRを実践する模範的な企業と言われている。

ホー・クウォンピン氏が経営するリゾートホテル、バンヤンツリーは世界27カ国に展開する一大グループに

授業で紹介されたホー氏のリーダーシップ論は次のような内容だった。

「リーダーとは、人々の人生に対する深い畏れや不安を、『希望』に変えることができる人です。人々に『この人についていけば、自分や家族のためによりよい人生を送ることができる』『誇りを持って企業やコミュニティで働くことができる』と希望を与えること。それが私の仕事だと思っています」(ホー・クウォンピン氏)

西川さんは、若い頃は投獄されるような逆境にありながら、そこからアジアを代表する実業家となったホー氏の生き方を知ったときに、理想のリーダーに出会ったと思ったそうだ。

「留学中、ずっと『自分にとってのリーダーシップとは何だろう』『どんなリーダーになりたいんだろう』と考えていました。コンサルティング業界は、一般的に『長時間労働やストレスフルな環境を乗り越えてこそ一人前』という風潮があります。それに何となく疑問を持っていても、自分の目指すリーダー像が分からなかったんです。

でもホー氏のことを学んで、心から共感しました。『周りにいる従業員や地域の人々を幸せにできるリーダー』こそ、自分が目指す道だと確信しました」

西川さんが目指していたリーダーは、欧米ではなく、アジアにいたのだ。逆境を乗り越えたがゆえの、人々を幸せに導くリーダーだ。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT