欧米流だけが、正しいリーダーシップですか

逆境を乗り越えた、アジアのリーダーに学ぶ

学生は全員、入学1年目の春に2カ月間にわたって、クライアント企業のコンサルティングプロジェクトを行う。

150社を超える企業がスポンサーとして名乗りを上げており、学生のホテル代、航空運賃など、実費を負担する。コンサルティング料は無料だ。

ミシガン大学ロスビジネススクール
アメリカ・ミシガン州、ミシガン大学の経営大学院。1924年創立。実地研修を重視しており、企業に常駐してコンサルティングを行う研修を他校に先駆けて始めたことでも有名。工学、環境学とのジョイントプログラムもあり、元エンジニアが比較的多いのも特徴。卒業生の30%がコンサルティング、25%が製造業、15%がIT業界へ進む。
(日本語ウェブサイト)http://rossjba.jimdo.com

「海外研修は自費」という学校が多い中で、ミシガン・ロスは、クライアントがすべての費用を負担するというシステムを作り上げ、成功している。

150社のリストの中から、興味のある企業を希望順に1位から15位まで選び、提出すると、学校側がクライアント企業を割り当ててくれる仕組みだ。

西川さんがコンサルティングをすることになったのは、カリフォルニア州にある新興ゲーム会社。PCオンライン対戦ゲームで有名な企業だ。

チームメンバーは、インド系、ユダヤ系、アングロサクソン系のアメリカ人4人だった。同社が海外進出プロジェクトを依頼するため、「ヘブライ語、ヒンディー語、日本語ができる人」を希望したからだという。

プロジェクトのテーマは「海外進出の一環として、数年以内にインドへ進出するべきかどうか、市場調査を元に提言すること」となった。

2012年3月にまず西海岸に飛び、2週間市場調査の準備。その後、ミシガンにいったん戻った後、インドのムンバイとデリーに2週間滞在した。

実際にインドに渡り、現地の企業を多数調査した

元コンサルタントの西川さんが、調査の大枠を提案し、インターネットや携帯電話の普及率をはじめ、いくつかの指標を軸に定量調査、定性調査を進めていった。

インドでは、ミシガン・ロスの卒業生のネットワークを生かし、ゲーム会社、携帯電話会社、プロバイダ会社など全部で20社余を訪問し、詳細なインタビューを行った。

インタビューの過程で感じたのは、インド経済の「イケイケ感」だ。

「チームメイトの1人、インド系アメリカ人の親戚の起業家に取材に行ったのですが、『君、普通の会社勤めじゃ、せいぜい年俸数千万円だよ! もっと稼ぎたいんだったら、起業しなきゃ!』って言われましたね。起業=成功=おカネ=幸せという価値観が、今の日本とは違うなぁと思いました」

次ページ企業事例に、あなたが登場しなさい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT