欧米流だけが、正しいリーダーシップですか

逆境を乗り越えた、アジアのリーダーに学ぶ

企業事例に、あなたが登場しなさい

携帯電話での現金決済システムを提供する会社に勤める、ミシガンの先輩にインタビューしたときにも、すがすがしいほどのポジティブさを感じたという。西川さんたちが、「インドでは、携帯電話での決済システムはまだ普及するまでに時間がかかりそうですよね。市場はあるんですか?」と聞いてみたら、こんな答えが返ってきた。

自国の成長への圧倒的な自信が、インドには満ちている

「アメリカで就職しようかと思ったけど、インドのほうが景気がよさそうだから、戻ってきたんだよね。現金決済システムの市場? 今は全然ないけど、大丈夫! 絶対、伸びるから! ハハハ!」

自国の成長への絶対的な自信と、成長へのエネルギーは、日本では感じられないものだったという。

しかし、西川さんは元コンサルタント。クライアントのゲーム会社に対して「イケイケだから、インドへ進出しましょう!」とは言えなかったそうだ。

「インドでゲームはまだまだ高級品で、庶民は買えません。またオンラインゲームをするインフラも十分に整っていないことがわかりました。GDPが成長しているからといって、そこに市場があるとは限らないんですね」

西川さんたちの具体的な調査結果にクライアント企業は、とても満足していたという。

インドを訪問するまで、新興国にはあまり興味がなかったという西川さん。このプロジェクトの後、「インドにかかわる仕事をしてみたい」と思うようになった。

就職先の候補として、日本のコンテンツ企業を考えるようになったのも、このプロジェクトの影響だ。将来、アジアへの進出プロジェクトにかかわりたいと思っている。

「この2カ月のコンサルティングプロジェクトは、『企業事例を座って勉強するだけではいけない。実際に企業で働いて、自分が企業事例の中に登場しなさい』というのをミッションとして掲げています。座学では得られないリアルな影響を受けたことは間違いありません」

次ページ同級生の両親は難民
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT