欧米流だけが、正しいリーダーシップですか

逆境を乗り越えた、アジアのリーダーに学ぶ

西川さんは、パニーさんと出会って、「グローバルな価値観を持つリーダーになる」ということの意味を実感したという。

「アメリカでは、『多様性を生かしましょう』というダイバーシティの考え方を教えられるので、『違い』ばかりに目がいきがちです。でも、パニーと出会って、見た目や人種は違っていても、『共通点』があることに気づかされました。そこに、共感して、お互いを理解することができます。そこを見出していくのが、グローバルリーダーの役目ではないかと思っています」

現在も、実家に仕送りを続けながら、留学生活を送っている西川さん。「内定もいくつか頂いているので、何とかローンは返せそうです!」と、力強く答えてくれた。 

逆境から生まれるリーダーシップ

2012年9月、西川さんは、自分のリーダーシップスタイルに大きな指針を与えてくれた授業と出合う。ミシガン・ロスで20年近くも続いている人気授業、リンダ・リム教授の「Business in Asia」(アジアのビジネス)だ。

西川美優(にしかわ・みゆ)
1981年神奈川県横浜市生まれ。2004年東京大学法学部卒業後、アビームコンサルティング株式会社入社。ITコンサルタントとしてシステム開発に従事後、2007年アビームM&Aコンサルティング株式会社(現:株式会社マーバルパートナーズ)へ異動。戦略・M&Aコンサルタントとして4年間勤務し、MBA留学のため退社。2011年9月米ミシガン大学経営大学院留学、2013年MBA(経営学修士)取得予定。

リム教授は、授業で「欧米での成功の方程式がそのままアジアに当てはまるわけではなく、アジアにはアジアならではの成功のしかたがある」と説く。リーダーは国や文化を尊重して、初めて成功できるのだ。

4カ月間の授業の中で、西川さんが特に忘れられないのは、アジアを代表する高級リゾート、バンヤンツリーホテルズ&リゾーツの創業者、ホー・クウォンピン氏のリーダーシップについてリム教授が言及した回だった。

ホー・クウォンピン氏(60歳)は、アジアで最も成功した起業家の一人と言われている。

シンガポールの貿易会社を経営する裕福な家庭に生まれたホー氏は、米スタンフォード大学に入学するも、ベトナム反戦運動に参加し、退学。その後、ジャーナリストとして経済紙などで働くが、扇動的な記事を書いたことが原因で、シンガポールで2カ月間投獄されたこともあるという。

ホー氏は、英BBCのインタビューで「(事業という形に表現の仕方は変わったが)『理想を追い求める姿勢』は今も忘れていない」と語っている。

1981年に、実家のビジネスに本格的に参画し、1994年バンヤンツリー社を立ち上げた。2013年現在、世界27カ国に30のホテルリゾートを展開している。

次ページアジアの成功者が語る、深い言葉
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT