夏野剛(下)「敵がいないヤツは何も決められない」

株主は企業経営者を甘やかしすぎだ

日本の新しいモデルを創る「新世代リーダー」とはどんな人なのか。どんな能力、教養、マインドセット、行動が必要となるのか。国内外のリーダーを知り尽くした、各界の識者たちに「新世代リーダーの条件」を聞く。
第5回目は、NTTドコモ「iモード」の生みの親で、現在は動画配信サイト「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」などで知られるドワンゴの取締役とともに、トランスコスモスなど複数社の社外取締役や慶応義塾大学大学院・特別招聘教授、テレビのコメンテーターなど幅広く活動する夏野剛さん。前編に続いて、IT・ネット社会の組織、リーダー論を聞いた。
 

※インタビュー前編はこちら

――今、行き詰まっている組織は、どうしたらいいでしょうか。

選択肢は2つしかない。でないと組織の存続が危うくなる。まず一つ目は、みずからがちゃんと変える。キチンとしたリーダーシップを持った人をトップに据えるという意味です。選ぶべきは、意見がはっきりしていて、右か左かをはっきり言う人。社内のみんなが「この人がいいんじゃない?」という人ではない。社内のみんなが「この人がいい」というのは、脅威にならない。みんなにとって脅威にならないのは、何も決められない人なんです。

日本の会社、とくに大企業の場合は、「敵がいない」のが、トップに立ついちばん大事な条件ですよね。でも、そういう人は、トップに立ってみると、みんなに気を遣いすぎて何も打ち出せない。だから、「右か左か」をはっきりという言うリーダーが必要です。右に行って必ず成功するかどうかは分かりません。でも、どっちつかずだと必ず滅亡する。

右か左か。真ん中はない

――どちらかには行かなければならない。

そう。それを判断しなければならない。右か左か。間を取って真ん中はない。

――日本企業は何も決められない人が、意外と出世してきましたよね。

今まではね。それで企業の体力が弱くなった。ここでみずからが変えられるか。これは株主の責任もあると思います。たとえば役員が全員、同じ釜の飯を30年食ってきた人間で構成されている会社は、危ない、と思うべきなんです。株式公開企業でこれほど社外取締役が少ないのは日本ぐらい。他の血が入ると何を言われるか分からないから。イヤなワケですよ。コントロールできない。

これを自助努力で変えられるか。自助努力というのは会社も、労働組合も含めて。たとえば、50代の雇用を守るために新卒採用を抑制しているワケです。30年後の企業のあり方にものすごく脅威を与えているんだけども、30年後に会社がなくなってもいいと思っているワケでしょ。これはもうメチャクチャですよ。

会社っていうのはゴーイングコンサーンで未来永劫続くように経営するのが当たり前というのが、企業体のポリシー。セオリーですよ。企業経営の基礎の基礎。それを半ば捨てようとしている。自分たちの既得権益を守るため。職を守るため。どうしようもない。社会主義的な発想です。こういうのも含めて直していけるか。

次ページ直せなかったら?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。