成功する人が使う、組織内「人間模様マップ」

「そこまで根回しするか」というくらいでいい

さて、新制度導入の利害関係者の①~⑤をまとめたのがこちらの図です。ここではわかりやすくするために、マネジメント層だけに絞っていますが、当然、社員や場合によっては家族なども利害関係者に入ってきます。

 

いちばんやっかいなのは社長だった!

このケースでは誰が最もやっかいな利害関係者か想像できますか? 実は表立って反対している営業部長ではなく、積極的に賛同している社長です。

これまで社長は我慢できずに現場の仕事に口や手を出してしまい、権限移譲ができなかったという背景がありますので、また轍を踏む可能性があるわけです。とはいえ、社長に「いいから引っ込んでいてください」とはなかなか言えませんね? しかしこのままでは失敗してしまうかもしれない……。こんなやっかいな状況を放置せずに望ましい状態にするのが、利害関係者管理の醍醐味です。

利害関係者をマップした後は、どのように対応するかを決めます。当然ながら関係者の望ましい状態ごとに変わってきますが、このマップ上の位置によって大体の方針は決まっているので、参考にしてください。

まずは影響力が大きい上の3つ、①②③のところを見てみましょう。

 

① 満足度の維持

影響力も強く、賛成してくれる最も強い味方の人には、こまめに報告したり、「この人のおかげで仕事ができている」ことを周囲にもアピールして、満足している状態を維持してもらいます。

巻き込む

影響力が強いものの、中立的姿勢をとる関係者は、反対派に回ったら非常にやっかいな存在です。「あなたにとってよいことがありますよ」とアピールするなど積極的に巻き込んでいきましょう。

次ページ賛成派、影響力が強くない人にもリスクがある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT