外国人へのプレゼンを盛り上げる問いかけ術

60日集中特訓!ビジネス英語術 第39回

高校時代に習った「仮定法」を覚えていますか?(写真:ocsa/PIXTA)

プレゼンテーションでは、相手に仮定の話をすることがよくあります。仮定の話をすることで、話題が膨らんだり、議論が活発になる効果もありますね。今日はそういう場合に使えるフレーズについて学びましょう。

仮定法が大活躍

What would you do if that were to happen?
もし、そのような事が起きたらどうしますか。
If+主語+were to +動詞の原形〜は仮定法でしたね。高校英語で習ったのを覚えていますか?「仮に〜ならば、〜だろう」という意味ですが、仮定での話をする際にはよく使用しますので、覚えておきましょう。
 
ちなみに、仮定法では主語が一人称や三人称単数でもwereと続きますので、ご注意を!また、仮定法の場合は「~だろう」の部分はwouldになります。日本人が苦手な単語ナンバーワン、wouldの利用法は過去にも説明しましたね。
 
What would you do if we were to take a worse-case scenario?
万一、最悪の場合にはどうしますか?
 

そのほかにも、以下のような表現があります。

I’m making an assumption now.
今は仮定の話をしています。
It’s difficult to answer on that assumption.
その仮定条件に基づいてお答えすることは難しいです。
My suggestion is based on an assumption.
私の提案はある仮定条件に基づいています。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT