日本人が苦手なあのフレーズこそ使うべき

60日集中特訓!ビジネス英語術 第24日

wouldが使えるようになれば、会話の幅も広がる!(miya227/PIXTA)

今日はアポイントメントを取るときの電話のフレーズを勉強しましょう。相手の都合を聞いたりこちらから提案したり、かなりバリエーションが必要になってきます。

電話ではメールのように考えている時間はありませんので、予定を決めるときの決まった形のフレーズを暗記しておくのがベスト。実際に音読して練習するのが一番有効です。

wouldはどうやって使ったらいいの?

How about sometime next week?
来週のどこかではいかがでしょうか。
When would be a good time for you? / When would be convenient for you?
いつならばご都合がよろしいでしょうか。

また、こうした問いに回答する場合は以下のようないい方ができます。

I will adjust my schedule to yours.
あなたのご都合に合わせます。
Any time would be fine with me.
私はいつでも大丈夫です。
Friday afternoon would be best for me.
金曜日の午後ですと助かります。

レッスン中に生徒の皆さんからwouldの使い方、特にThat would be greatのような使い方がよく理解できないし、自分でも言えない・・・と相談されることがよくあります。これは仮定法だと思っていただくと理解しやすいです。 

If you could do it for me, that would be great.
もしもそれをやってもらえるのなら、すごく助かるのだけど。

この文章のif節を全て省略したのがThat would be greatです。ネイティブはこのように仮定法のif節は省略して話すことが多いです。是非、どんどん使えるようになって下さい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。