日本人が苦手なあのフレーズこそ使うべき

60日集中特訓!ビジネス英語術 第24日

wouldが使えるようになれば、会話の幅も広がる!(miya227/PIXTA)

今日はアポイントメントを取るときの電話のフレーズを勉強しましょう。相手の都合を聞いたりこちらから提案したり、かなりバリエーションが必要になってきます。

電話ではメールのように考えている時間はありませんので、予定を決めるときの決まった形のフレーズを暗記しておくのがベスト。実際に音読して練習するのが一番有効です。

wouldはどうやって使ったらいいの?

How about sometime next week?
来週のどこかではいかがでしょうか。
When would be a good time for you? / When would be convenient for you?
いつならばご都合がよろしいでしょうか。

また、こうした問いに回答する場合は以下のようないい方ができます。

I will adjust my schedule to yours.
あなたのご都合に合わせます。
Any time would be fine with me.
私はいつでも大丈夫です。
Friday afternoon would be best for me.
金曜日の午後ですと助かります。

レッスン中に生徒の皆さんからwouldの使い方、特にThat would be greatのような使い方がよく理解できないし、自分でも言えない・・・と相談されることがよくあります。これは仮定法だと思っていただくと理解しやすいです。 

If you could do it for me, that would be great.
もしもそれをやってもらえるのなら、すごく助かるのだけど。

この文章のif節を全て省略したのがThat would be greatです。ネイティブはこのように仮定法のif節は省略して話すことが多いです。是非、どんどん使えるようになって下さい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT