世界が憧れる京都「西陣織」はエルメスになれるか シャネル幹部も感涙する「美」その魅力と課題

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
「京都・西陣織」は新しい「エルメス」になれるのかーー西陣織の織元「誉田屋源兵衛」十代目山口源兵衛氏に、「投資とお金のプロ」WealthPark研究所所長の加藤航介氏が取材しました(撮影:WealthPark研究所)
この記事の画像を見る(8枚)
約285年の歴史を誇る京都・西陣織の織元「誉田屋源兵衛(こんだやげんべい)」の店に、数年前、フランスのシャネル本社より経営陣以下、社員100名の研修での訪問があったという。
渡航費だけでも莫大な費用がかかると思われるが、これはいったい、何を意味するのだろうか。「京都・西陣織」は新しい「エルメス」になれるのだろうか――。
国内外の投資会社でファンドマネージャーや投資啓発などの要職を20年経験後、投資の研究と教育を行うWealthPark研究所を設立した加藤航介氏。
英米で10年を過ごし、世界30カ国以上での経済・投資調査の経験を持つ加藤氏が、「投資のエバンジェリスト」という視点から、京都・西陣織を通して「日本の産業構造」を考察する。

日本の産業構造には大きく「見劣り」している点がある

京都の室町通三条下ル。京都駅から10分ほど北に向かった古い町屋には、約285年の歴史を誇る西陣織の織元、「誉田屋源兵衛(こんだやげんべい)」が店を構える。

美しく繊細な着物の「帯」で有名な西陣織は日本を代表する伝統工芸であり、十代目山口源兵衛氏は、世界的に有名な西陣織のプロデューサー兼経営者だ。

朝谷実生:幼少期を英国・米国で過ごし、東京大学法学部卒業。コンサルティングファームを経て、コロンビア大学MBA在学中に現代アートのレンタル・リーシングサービス「CURINA」をニューヨークで起業、現CEO(撮影:WealthPark研究所)

今回、私と源兵衛氏を引き合わせてくれたのは、ニューヨークで現代アートのレンタル・サブスクリプションビジネスのCurinaを経営する、コロンビア大学の後輩、女性起業家の朝谷実生氏だ。

美と技術。日本の縮図でもある西陣織の魅力と課題を、加藤さんの視点で取材してくれません?」

朝谷氏にそう言われたとき、まず私の頭に浮かんだのは「京都・西陣織は、エルメスになるのか?」だった。

というのも、日本と世界の「産業構造」を鳥瞰すると、日本が大きく「見劣り」している点がいくつか見られるからだ。

取材で訪れた約285年の歴史を誇る「誉田屋源兵衛」(写真:誉田屋源兵衛株式会社)
次ページ産業構造で日本が「見劣り」している点とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT