不動産屋さんが語るマレーシア教育の魅力

「学校視察ツアー」を通じてわかったこと

中野記世彦さん。クアラルンプール中心部近くで2012年より不動産業を営む

クアラルンプールで不動産業を営む中野記世彦さんは、本業の不動産業の傍ら、日本人の親子向けにインターナショナルスクールを案内している。

すでに、延べ100組以上の親子に学校を案内し、移住の相談に乗ってきた。いったいなぜ、不動産業を営む中野さんが、マレーシアでインター校を紹介しているのか。

彼の目から見たクアラルンプールの学校事情、教育事情を語ってもらった。

中野さんは2012年、当地で不動産会社「ナカノプロパティー」を設立。主に、賃貸物件にお客さんを案内する仕事をしていたが、当初よりお客さんの中に「インターナショナルスクールを紹介してほしい」という希望が多いことに気がついた。そこで、本業の不動産視察ツアーとともに、需要の多さに押されるようにしてインター校を見学するコースを作ることにした。

顧客のリクエストから始まった学校視察

クアラルンプールと一口に言っても、郊外まで入れると広大だ。

「インターナショナルスクールは郊外にも点在しています。交通渋滞などを考慮すると、学校と自宅位置の関係は日本で想像する以上に大事です。学校を決めてから、思ったより通学に時間がかかるとか、学校のバスが来てくれないといった問題が出てくるのです」と中野さんは説明する。

中には、学校と家との距離が離れており、止むを得ず長い通学時間に耐えていたり、高いバス代を負担するケースもある。そのため、不動産を決めるときに、学校を同時に見ておく日本人が増えているのだ。渋滞など、現地にいないとわからない情報もある。

今まで、延べ150組ほどの親子に学校を案内。現在では、相談の3分の1を占めるのが駐在員の家庭だという。ここ3年くらいでトレンドの変化が起きている。

次ページそれぞれの予算、条件などに応じて、学校を紹介
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT