トリリンガルを目指す日本人一家の旅

マレーシア母子移住13年の冒険記

長女、長男と大澤さん。もう長女は成人し、現在は香港に住む

大澤美恵さんは2002年に2歳、7歳、8歳の3人のお子さんを連れてマレーシアに母子で移住した。今年で14年目となる。

愛知県豊橋市出身で22歳のとき、オーストラリアに渡ったことがある。語学研修とワーキングホリデーで2年を過ごし、現地の教育事情を見る機会があった。

まだ独身だった大澤さんは「もし将来結婚して子供ができたら、オーストラリアのようなのびのびとした教育環境で子供を育てたい」と考えたという。

日本へ帰国後は大学職員、英語講師などを歴任し、結婚。しばらくは、日常の忙しさに紛れて、その気持ちも忘れかけていった。

子供ができたころ、ちょうど日本がバブルの崩壊に直面。昔思い描いていた海外での子育てを真剣に考えはじめた。

「バブルの崩壊で、日本はこれから厳しくなると直感的に思いました。子供は早くから海外へ連れて行き、語学、国際感覚を身に付けるのがいいだろうと。主人も賛成してくれました。はじめは家族での移住を考え、いろいろな国を調べました」

中、英、日のトリリンガルを目指しマレーシアを選択

もともとは自分が住んでいたオーストラリア、ニュージーランドなど英語圏の国が第一希望だった。ところが調べてみると費用が高い。そこでマレーシアが浮上してきた。日本から近く、比較的英語が通じるらしい。

マレーシアに行ったことはなかったが、調べてみると、多民族国家で中国語も話されていることがわかった。

大澤さんは、大学職員時代、大学が招致した中国人の先生や留学生との交流の中で、中国語に興味を持った。子供たちと市民講座中国語クラスに参加したこともある。中国語習得は必ず将来役立つだろうと思い、これがひとつの決め手になった。

2001年、次女を連れて下見のために始めてマレーシアを訪れる。日本から連絡を取り合っていた現地マレーシア人のエージェントに会ったのだが「この方との出会いがすばらしいもので、今でも交流を続けています」と大澤さんは話す。彼のおかげもあり、マレーシアを気に入り「ここに住んでみたい」と思った。「当時のクアラルンプールはまだ今ほど開発されておらず、都会と田舎が混沌する面白い世界が気に入りました」

次ページ「子連れのビザは弊社でははじめてですよ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT